読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通過儀礼的交際の話。

今、9ヶ月と少し付き合っている人がいます。前付き合っていた人とは9ヶ月でお別れしました。

もう前の人より長く付き合っているんだなと少し感慨深くなったのでそれについて書きます。もう3年も経つから時効だよね。でも、共通の知人や今の人が見ないとも限らないので気をつけます。

 

高3の9月から大1の6月まで、初めての交際の話です。

 

彼とは高2高3と同じクラスで、じわじわ仲良くなって、なんとなくメールで付き合った。初めて彼氏ができて嬉しかった高3の9月。
付き合ってすぐ、1年近くまともに来ていなかった生理が来て、「単純なものだ」と思ったのを覚えている。その頃は家庭の問題と指定校推薦待ちが重なって眠れない食べれない虚ろな時期だった。今考えるとだけど、自分を承認してくれる人間が必要だったんだと思う。そして交際というものを経験してみたかったんだと思う。失礼な話だね。いや、好きだったとは思うんだけどね。向こうも直前まで別の人が好きだったみたいだし、うまくいくはずがなかったね。

 

付き合いはしたものの受験生だったから、高校の最寄駅まで一緒に帰って、近くの公園で少し喋ってというくらいだった。と言っても同じクラスで週5会った上でメールもたまにしてたんだから大学生からするとすごい交流頻度。

 受験が終わった3月は何回か遊んだ。植物園と博物館に行ったことをこの前今の彼に話していて思い出した。

 

大1の6月に別れるまで、もちろん楽しいことも嬉しいこともあった。でも、友達に別れを勧められるくらいには傷付いたこともたくさんあった。

一番はTwitter。何度も愚痴を書かれたんだよね。普通の、私も共通の知人も知ってるアカウントで。あれはキツかったね。今もTwitter自体が怖いです。すごいやってるけど。

私も何かトラウマを植え付けていたら申し訳ない。

 

別れたのは6月だったけど、1月くらいから別れる予感はあった。

想いがすれ違っているのを感じたし求めているものも違ったし何より私としては人付き合いやお金について価値観が合わなかった。全然うまくいってなかった。


でも惜しかった。「卒業前に別れると周囲への報告が面倒だ」なんて思考もあった。きっと向こうもずっと冷めていた。
確か2月から4月の間に別れて付き合って別れて付き合ったと思う。全てメール。本当にグダグダだったな。

 

6月の3度目の正直は、私の「ケリをつけませんか」みたいなメールから始まった気がする。これを書いていて思い出した。大学に入ってから一度しか会ってなかった(それも借りてた漫画をまじで返したくて)し、その頃には大学に気になる人もいたし、そろそろはっきりしなきゃと思った。

会って別れようとした気がするんだけど、向こうは会いたくなかったようで、そのままメールで別れることになった。

ずっとまだ好きそうに振舞っていたから向こうは拍子抜けしたんじゃないかと思う。そう振舞っていたのは、ただその方が周囲の印象が良さそうと言う打算からだった。

ともかく大1の6月に別れて、そこから連絡も取ってない。交際って不思議だ。

 

あの交際は通過儀礼というやつだったと思っている。少し前に『イニシエーション・ラブ』が話題になったよね。「良い思い出♪」とは思わないけど、人間的成長があったと思う。あの交際なしで今の人と付き合っていたらと思うと怖い。そう考えると本当にありがたい。
向こうもそうだと良い。本当に幸せになって欲しい。ありがとうございました。

 

以上です。

精進します。